代表する2つ

男女の社員

注文住宅など自分で戸建て住宅を建設する際には、まずは土地を確保する必要があります。
通勤や通学などの交通アクセスや、生活をしやすい環境であるかどうかを考えなければなりません。
大きな買い物になるので、失敗をしないためにも周辺の生活環境も考える必要があります。
希望する地域で土地を探す場合には、地元の不動産会社に土地の情報を依頼する事が一般的です。
仲介手数料を支払う必要がありますが、不動産登記など一般の人が分かりづらい手続きも行ってくれます。
また、売り主から直接土地を購入するとトラブルに発展した際に対処ができなくなるかもしれません。
間にワンクッションおいていることで、不測の事態にも対応してもらうことができます。

土地を購入する際に注意しなければならないのは、希望する間取りの住宅をその土地に建てることができるかどうかという点です。
建蔽率や容積率などに応じては法律にひっかかるかもしれないので土地を購入する前には必ず確認する事が大切です。
また、設計を依頼する事務所などには自分のイメージをできるだけ細かく具体的に伝えることが大切です。
着工に取り掛かってから、話と違うとなると取り返しがつきません。
高額の買い物で、長く住み続けることになるので細かい個所も詳細に伝える必要があります。
また、万が一のトラブルに備えてやり取りは書面などで記録しておくことも大切です。
責任の所在を明らかにしておかなければ、トラブルが発生した際に泣き寝入りをする事態にもなりかねません。